第23回社長室コラム

第23回社長室コラム

第23回社長室コラム

 

今回はHayatoが担当いたします!

 

寒さが本格的になり、だんだんと布団から出られなくなる日々、、、🥶

冬になると布団から出られなくなる理由は、冷え切った室内で布団が温かく

気持ちがいいからだけではないようですね。

人は強い光を浴びるとその刺激で目が覚めるらしいですが、冬は夏に比べて太陽の光が弱く、

朝日を浴びてもすっきり目が覚めないのだそうです😪

なので、温かい飲み物を飲んだり、寝る前にストレッチなど軽く体を動かしたり、

より質の高い睡眠をとって翌朝スッキリ目覚める工夫をして、

朝の寒さにも打ち勝っていきましょう!!

 

さて、今回のテーマは「当事者意識」について書かせていただきます。

 

当事者意識とは、「自分自身がその事柄に直接関係すると分かっていること」、

「関係者であるという自覚があること」を意味しています。

自分とは関係ないといった「他人事」ではなく、「自分のこと」として

問題や課題に取り組む姿勢です。

 

 

当事者意識は、事業の発展や組織強化に不可欠なものです。

当事者意識が高いと、仕事で早く成長でき、

周りから信頼される人になるメリットがあります。

反対に意識が低いと、いつまでも他人頼みで成長のスピードが遅くなります。

 

社会人として仕事をするうえで、自分の業務に対する当事者意識を持つことは必須です。

さらに、担当の業務の他に事業全体についても意識を持つことで、

全体を俯瞰して捉えることができるでしょう。

 

当事者意識が高い人と低い人には、どのような差があるのでしょうか。

意識が低い場合に見られる特徴をあげます。

 

  1. 自発的に動くことが少ない
  2. あきらめが早い
  3. 危機感を覚えない
  4. 自分に自信を持てない
  5. 言い訳をすることが多い

 

他にもまだあると思いますが、これらに当てはまるのが多いかもって思ったならば

要注意です!

 

 

では、当事者意識を高くするにはどうすればいいでしょうか。

 

まず大事なのは、

自分が属するグループや組織でどの部分でどのように貢献しているのかを

理解することが大事だと思います。

その上で、さらに貢献するための目標設定をしていくのもいいでしょう。

 

そして、行動をしてみることも大事だと思います。

言葉よりもまずは行動することで、自分自身で考えて作業をする癖がつきます。

それによって成功体験も得られやすく、自信を持つきっかけが生まれます。

 

当事者意識を高めて仕事をすれば、自分自身の成長に繋がります!

 

 

新しいことを始めるのは誰しも不安なものですが、ひとたび行動に移せば、

悩むほどでもなかったことはよくありますよね。

当事者意識は自分だけではなく、周りの人たちの助けにもなります!

「他人のため」という意識があれば、一歩踏みだす不安が軽減するかもしれませんね。

 

一人一人が当事者意識を高く持てば組織全体が成長していきます!

そうなればやりがいや達成感をより大きく感じることができ、

きっと仕事も楽しくなっていくと思います。

まだ知らない自分の可能性に出会うため、

当事者意識をより高めるための行動をはじめていきましょう!😎

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

○●━━━━━━━━━━━・・・‥‥……

Twitterも更新しております!

 

フォロー、いいね!お待ちしております!

 

Twitter:Hayato⇒@189_9cm_sophia

……‥‥・・・━━━━━━━━━━━●○